違法ポーカー店から“みかじめ料”暴力団幹部ら逮捕(2022年4月28日)

 去年、摘発された東京・歌舞伎町の違法ポーカーの店からみかじめ料として現金を受け取っていたとして、暴力団幹部の男ら4人が逮捕されました。

 指定暴力団住吉会系の幹部・平田弘二容疑者(41)と坂井俊太容疑者(39)ら4人は去年8月から11月にかけて、新宿区歌舞伎町の違法ポーカー店の経営者らから、みかじめ料として110万円を受け取った疑いが持たれています。

 警視庁によりますと、ポーカー店は去年11月、警視庁の摘発を受けていて、その際、押収されたスマートフォンにみかじめ料に関するやり取りが残っていました。

 平田容疑者らは店の近くの喫茶店などで金を受け取っていたということです。

 警視庁は平田容疑者らの認否を明らかにしていません。
[テレ朝news] https://news.tv-asahi.co.jp